山芋の薬膳的効能と使い方

2018/10/16 公開

  • ペットの漢方(中医学)
  • ニュース

山芋の薬膳的効能と使い方

山芋の旬は秋掘りと、春堀りがあります。秋堀りは新鮮でみずみずしいのが特徴。
胃腸を健康にし、疲労にとても良い食材。

〇山芋の薬膳的効能
・胃腸を健康にする
・元気を補う
・潤いを補う
・肺を潤す
・精を益す
・腎を補う

〇こんな子におススメ
胃弱、食が細い、慢性下痢、筋肉が弱い、慢性の咳、性機能低下の子に。

〇調理方法
疲労・倦怠、頻尿、など、元気を補いたい場合は茹でる・蒸すなど『ホクホク』した状態で摂取するのが良いです。
空咳、肌の乾燥、ほてりなど、潤いを補いたい場合は生で1cm角に刻む、すりおろすなど『トロトロ』した状態で摂取するのが効果的です。

〇注意したい事
お腹が弱っている時、生食は負担になるので、火を通してあげるようにしましょう。

 

記事監修:日本ペット中医学研究会 https://j-pcm.com/
食材を与える場合は体調を考慮しながら与えるようにしてください。

この記事のPDFファイルはこちら