ごはんを変えたら一気に皮膚炎がひどくなって・・・

2022/08/04 公開

  • 中医学体験談

ごはんを変えたら一気に皮膚炎がひどくなって・・・

<中医学体験談03>もともとアレルギーを持っていたのですが、ごはんを変えたとたん、一気に重傷化してしまった「かんたくん(ラブラドールレトリバー・2歳)」。かゆがってかくものだから皮膚がボロボロになって、毛にも艶がなくなって。Tさん(神奈川県海老名市)は勤めていた動物病院で先生に相談しました。

 

もともとアレルギーを持っていたのですが、ごはんを変えたとたん、それが一気に重傷化してしまいました。かゆがってかくものだから皮膚がボロボロになって、毛にも艶がなくなって。食物アレルギーですね。私は動物病院で働いているので、すぐに先生に相談しました。そして、長期戦になるのは覚悟の上で、漢方サプリを処方していただきました。

 

就職するまでは、ペットにも漢方治療があるなんて知りませんでした。健康は、まずは正しい食事だと思うのですが、アレルギー症状が出て、抗生剤で無理やり治すのではなく、症状を出させないという点で漢方はいいと思います。

自然だし、体に負担がかかりませんから。今ではすっかりよくなって、毛に艶が出て、さわり心地もふわふわしています。

 

 

長期戦を覚悟していましたが、意外に早く改善できました。

獣医師/上田裕 先生

皮膚のかゆみを伴う炎症がありました。口周りの皮膚や背中のかゆみ、フケ、下顎の赤みなどです。西洋医学薬と中医学ペットサプリを併用して処方しました。

効果が見られたのは約2~3週間後、炎症がだいぶ落ち着いてきたのは約1カ月後です。まずは背中のかゆみが消え、フケが少なくなり、続いて下顎の赤みとかゆみもなくなりました。

 

記事監修:

日本ペット中医学研究会 https://j-pcm.com/

↓研究会会員病院検索ページ↓ 

https://j-pcm.com/memberlist/

この記事のPDFファイルはこちら