麻生獣医科医院 上田裕 獣医師

2021/10/23 公開

  • ニュース
  • 中医学担当獣医師の紹介

麻生獣医科医院 上田裕 獣医師

川崎市麻生区 新百合ヶ丘の動物病院です。

犬・猫のほか、ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・小鳥などの診療も行っております。

日本ペット中医学研究会 -JPCM- 会員病院 中医学担当獣医師を紹介します

日本ペット中医学研究会で中医学を学んでいる獣医師を紹介するシリーズです。

『漢方(中医学)との出会い』『漢方(中医学)の良いところ』『ひと言メッセージ』で自己紹介しています。

上田 裕(うえだ ゆたか) 獣医師 (麻生獣医科医院 )

『漢方(中医学)との出会い』

症例や飼い主さんや動物達の生活の多様化により治療方法の多様化の必要性を強く感じる中で、西洋医学的な治療の高度化と飼い主さんの希望する治療のギャップを感じていました。

またエビデンスに基づいた選択とは言え、標準治療を行っているにも関わらず治療の反応が見られにくい症例を見る中で何か他に打てる手段はないか?と模索している時に中医学と出会いました。

 

『漢方(中医学)の良いところ』

病気の治療とは医師や薬が治しているのではなく、あくまでも患者さん自身が自身を治していく過程を手助けしているものと考えています。

検査数値ばかりに眼をとらわれず、患者さんの身体やその子を取り巻く環境をよく観察していきながら診察を進める事でその子に合ったオーダーメイドな診断、治療をする事が出来ます。

自然の中で生きていく生き物たちに自然の中から生まれたものを使って治療できる所がとても素晴らしい所だと思います。

 

『ひと言メッセージ』

高度医療、外科的治療、内科的治療、中医学的治療、代替療法など多くの治療の選択肢の中から病状や患者さんの状態、飼い主さんの希望などを考慮していく為に、なるべくゆっくりとお話をさせていただき納得をしてもらいながら診察を進めていきたいと思っております。

いつまでも皆さんのパートナーが「食べられる、歩ける、寝られる」生活を目指して!

会員病院紹介ページはこちら → 麻生獣医科医院

この記事のPDFファイルはこちら