モナ動物病院  関根秀子 獣医師

2021/10/04 公開

  • ニュース
  • 中医学担当獣医師の紹介

モナ動物病院  関根秀子 獣医師

逗子市の動物病院です。 獣医師&スタッフは全員女性ですので、気になることは何でもお気軽にお聞きください。それが治療に繋がることもあります。
小さなワンちゃんネコちゃんでも怖がらずに来院いただけるような優しい病院作りを目指しています。
症状に合わせて漢方、鍼灸など西洋医学と東洋医学を融合した治療を積極的に提案し、動物たちに負担の少ない治療を取り入れています。

日本ペット中医学研究会 -JPCM- 会員病院 中医学担当獣医師を紹介します

日本ペット中医学研究会で中医学を学んでいる獣医師を紹介するシリーズです。

『漢方(中医学)との出会い』『漢方(中医学)の良いところ』『ひと言メッセージ』で自己紹介しています。

 

関根 秀子(せきね ひでこ) 獣医師 (モナ動物病院 )

『漢方(中医学)との出会い』

大学生の頃、長引く鼻炎に悩まされていました。病院にも通って投薬もしていたのですがひどくなるばかりでした。そんな時に漢方薬を好んで処方する内科医に出会いました。

私の鼻炎が長年の冷えからくることや、消化機能が弱いことなどを指摘され、鼻炎と言えば鼻だけが悪いと思っていた私には目から鱗でした。

処方された漢方薬を飲んでいるうちに緩やかに鼻炎は快方に向かいました。同時に生活習慣や食事の改善も指示され中医学の奥深さに感銘を受けました。

 

『漢方(中医学)の良いところ』

西洋医学では今見えている症状を治療することが多いですが、漢方薬は今出ている症状の背景にある体質や、また気候などその動物の置かれている状況なども考慮して身体全体を良い状態へ導くような治療をしていきます。

また、西洋医学で今ある病気を治した後に、再発しないように整えていくなど、他の薬や治療との愛称がよいのも特徴の一つです。

 

『ひと言メッセージ』

獣医師になってしばらく経ち、自分でも動物に中医学治療をしてあげたい気持ちが強くなり、獣医師のための鍼灸の講習会に通ったり、中国での中医学研修会に参加したりして勉強をしてきました。

現在病院では、漢方薬の処方や、鍼治療を行っています。

ヘルニア等の運動器疾患だけでなく消化器症状など幅広く対応しています。

動物病院って怖いところじゃなかったね、と飼主様と動物たちに思っていただけるようなやさしい病院でありたいと思っております。

 

会員病院紹介ページはこちら → モナ動物病院

この記事のPDFファイルはこちら