とよなが動物病院 豊永眞弥 獣医師

2021/05/07 公開

  • ニュース
  • 中医学担当獣医師の紹介

とよなが動物病院 豊永眞弥 獣医師

獣医師 豊永眞弥 大阪府八尾市 とよなが動物病院
大切なパートナーのために、私たちができることを。
動物と飼い主さまの幸せな一生をサポートします。
東・西洋医学を統合した、動物にやさしい「中西結合」治療を実践しています。

日本ペット中医学研究会 -JPCM- 会員病院 中医学担当獣医師を紹介します

日本ペット中医学研究会で中医学を学んでいる獣医師を紹介するシリーズです。

『漢方(中医学)との出会い』『漢方(中医学)の良いところ』『ひと言メッセージ』で自己紹介しています。

 

豊永眞弥 獣医師 (とよなが動物病院

 

『漢方(中医学)との出会い』

日々の仕事の中で今この子に出来る事はここまでなのだろうかということを考え始めていたところに漢方の会社の方からお話をお伺いする機会があり、もっと自分自身の体調についても考えていかなければと意識し始めたところからだと思います。その後、私自身が骨折してしまい、手術後にしびれやむくみが出て中医学的な治療をすることで改善されたという経験を致しました。現在では動物へは勿論ですが、家族にも漢方の考え方を取り入れ、体調を整えようと勉強中です。

『漢方(中医学)の良いところ』

検査をしても異常が出ず、診断しにくいけれども例えば足先が冷えるなどの不調が見られたり、診断できてもその病気だけを見て治療するのではなく、その子に触れて飼い主さんのお話を注意深くお聞きし、中医学的な組み立てをすることによって体がどのような状態になっているかを判断することができます。そうすることで全体のバランスを整え、その体に応じた治療法を選択することにより治療効果を高められることが中医学の良いところだと思います。最近では中医学に関心を持たれている飼い主さんも増えてきているように感じています。

『ひと言メッセージ』

人と同様、動物も高齢化が進み、飼い主さんがこの子にとってどこまでの治療が良いのか悩まれる場面に遭遇する事が多くなって参りました。そのような状況の時に中医学の治療を並行して行うことによってバランスが整うこともあり、飼い主さんの悩みが解消されることもあると思います。

 

会員病院紹介ページはこちら → とよなが動物病院

この記事のPDFファイルはこちら