さんぺい動物病院 三瓶孝男 獣医師

2021/09/15 公開

  • ニュース
  • 中医学担当獣医師の紹介

さんぺい動物病院 三瓶孝男 獣医師

獣医師 三瓶孝男(さんぺい たかお) 北海道名寄市 さんぺい動物病院

名寄市で16年。 地元に根付いた動物病院です。
分かりやすく、納得できる治療を目指しています。
飼い主さんとペットたちの幸せのため、精一杯やっていきますのでよろしくお願いいたします。

日本ペット中医学研究会 -JPCM- 会員病院 中医学担当獣医師を紹介します

日本ペット中医学研究会で中医学を学んでいる獣医師を紹介するシリーズです。

『漢方(中医学)との出会い』『漢方(中医学)の良いところ』『ひと言メッセージ』で自己紹介しています。

 

三瓶孝男 獣医師 (さんぺい動物病院

『漢方(中医学)との出会い』

妻の実家が漢方を扱っている薬局ということもあり、元々、東洋医学には興味がありましたが、文献を読みながら独学で使っているだけではいま一つな感じでした
ペット用の漢方製剤が発売されたと聞き、それを導入するようになってからいろいろと教わり、学びながら使い始めています

『漢方(中医学)の良いところ』

日々の診療の幅が広がったと思います。一般的な内科治療でも、 このような症状、病気の時にはどのような漢方治療を使うだろうか?と常に考えてみるようになりました。
しっかりと四診(望診・聞診・問診・切診)をする習慣がつくようになり、丁寧な診察をおこなえるようになりました。

『ひと言メッセージ』

漢方治療は広く知られていると思うのですが、少々難しいイメージがあるかも知れません。

こちら側からすると、今までと違った視点で病気や体の事について考えることが多くなるため、悩むことも多いのですが、いろいろな先生方の処方や症例発表などを参考にしながら楽しく学んでいきたいと思っています。

 

会員病院紹介ページはこちら → さんぺい動物病院

この記事のPDFファイルはこちら